玄米

玄米特集

美味しくて栄養満点!免疫力アップにも!!
綿文商店厳選の玄米をぜひお召し上がりください。

ビタミンやミネラルなど多くの栄養を含むこと、また食物繊維の働きで便秘が改善されることなどで大人気の玄米。
当店でも多くの方がご購入されています。玄米に含まれる「糠(ぬか)」の中には、「免疫ビタミン」と呼ばれる成分がたくさん含まれており、様々なウイルスによる感染症をはじめ、花粉症、認知症、ガンなどの予防にも効果的です。
これまで白米派だった方でも玄米のことをよく知っていただき、元気な毎日のために、ぜひ玄米をお召し上がりいただければと思います。

玄米の栄養と効果

玄米の栄養と効果

玄米は精米されていない状態のお米で、「完全食」とも言われるほど栄養満点。
玄米には精白した白米に比べて、約6倍の食物繊維をはじめ、パワーの源になるビタミンB1、成長を促進させるビタミンB2、脳細胞を活性化するビタミンB6など、積極的に摂りたい栄養素がたっぷりと含まれています。また豊富なミネラルのほか、有害物質を体外に除去する働きがあるフィチン酸も多く含んでいるため、化学物質や、水銀、鉛といった有害物質のスムーズな排出を促してくれる点も特徴です。

また冒頭で述べたように、「糠(ぬか)」の中には「免疫ビタミン」と呼ばれる成分が沢山含まれており、体の免疫力アップにも効果を発揮します。

玄米の味の特徴

玄米の味の特徴

プチプチとした食感と香ばしさが特徴の味わい豊かな玄米。
噛めば噛むほど甘みが増していくのも特徴
です。
また白米より少し硬めの食感なので、噛む回数も増え、満腹感が早く満たされることからダイエットにも非常に効果的です。

中には、玄米を食生活に取り入れたいけど、玄米特有の香りやプチプチ感が気になってなかなか続けられない、という方もいらっしゃいます。
そのような方にオススメな美味しい玄米の食べ方は、おにぎり、カレーライス、丼もの、ドリア、雑炊、お茶漬け、チャーハンなど。
また精白の度合いを工夫したり、白米に混ぜて炊いたり、好みに合わせて炊いてみるのもオススメです。

玄米は長期保存が可能

玄米は長期保存が可能

白米は酸化してだんだん味が落ちていきますが、玄米の場合は酸化のペースが遅いため、比較的長期保存することができます。
これは中身の白米部分の周囲が糠(ぬか)に覆われて守られているからです。

長期保存に向いていますが、保存方法によっては良い玄米でも味が落ちてしまいます。
玄米を保存する場合、高温多湿な場所は禁物です。あまり気温が上がらず、湿気の少ないところで保存するようにしましょう。
最適なのは10℃〜15℃で保管できる冷蔵庫の野菜室で、お米の鮮度や味を損なう事を防ぐことができます。

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • « Prev
  • Next »

7商品中 1-7商品

カテゴリーから探す

コンテンツ

モバイルショップ